女性

うつ病に慣れている医師は

聴診器

腕の良い精神科医に診察してもらうには

うつ病と診断してもらうには精神科や心療内科を受診する必要があります。腕の良い精神科や心療内科を受診するためのポイントですが、標榜科目が精神科や心療内科となっているのはもちろんですが、従事している医師が、精神保健福祉指定医という公的資格を取得しているかどうかをチェックしておく必要があります。こちらの資格を取得するにはうつ病だけでなく重篤な統合失調症などの診断経験を積まなければならず、なかなかハードルが高い資格です。こちらの資格を取得しているという事はうつ病の診断経験がかなり豊富な証拠です。そのため病院の公式サイトなどで精神保健福祉指定医という公的な資格をきちんと取得しているかどうかを確認しておく事が大切です。その他には市役所や県の保健所に勤めている精神保健福祉士や保健師にうつ病の診断が得意な精神科医を紹介してもらうのも一つの方法です。市役所や県の保健所に勤めている精神保健福祉士は日常の勤務の中でうつ病患者や精神保健福祉指定医を所持している精神科医と働いており、うつ病患者や精神科医師の生の声を聞いています。このような職種の人達は守秘義務や平等に接していかなければいけないので、どこの精神科が腕が良いと露骨にいう事は絶対にありませんが、どこの精神科が良いかと聞いた時にまず最初に紹介した精神科や心療内科は、普段からよく診察を依頼している精神保健福祉指定医で腕の良い精神科医である可能性が非常に高いです。また当事者の意見も良く聴いているので、そのような意見を反映している可能性も非常に高いです。最後にインターネットの口コミサイトやSNSも参考になります。口コミサイトやSNDには精神科医や専門職が投稿している事はほとんどありませんが、当事者は良く投稿しています。そこでは当事者の生の意見が語られており、評判の良い精神科医とそうでない精神科医が良く語られています。そのためインターネットの口コミサイトやSNSなどを利用するのも一つの方法です。確実に腕の良い精神科医師に診察してもらうには、以上のような方法があります。