女性

うつ病の診断を受けた時

相談

うつ病の治療のために開発された薬

気持ちが落ち込み、食欲もなく夜も眠れないという状態が続いている人は、心療内科で一度診察を受けてみることが良いでしょう。それが一時的な気持ちの変化なのか、うつ病であるのかは信頼のできる医師の診断を受けるとはっきりとわかります。うつ病であると判明した場合には、さまざまな治療方法が提案されます。もっとも重要なのは休養をとることです。身体の疲労は心の部分に大きな影響を与えますので、まずはしっかりと休むということが重要です。休養でうつ病の症状が幾分回復することも期待できるでしょう。もう一つ重要なのが、医師の診断によって処方される抗うつ薬をしっかりと服用することです。うつ病の原因としては脳内の情報伝達物質の減少が関係しているとも言われていますので、それを補うことを目的として開発された薬を服用すると、症状が緩和していくことが期待できます。夜に眠れない場合には睡眠導入剤でスムーズな入眠もできるようになり、身体の疲労も眠れないと心理的なプレッシャーからも開放されることとなります。うつ病と診断されることに抵抗のある人も最近は減少傾向にあります。それはうつ病に関しての理解が進んできたことも要因と言えるでしょう。気持ちの問題であるとか、頑張りが足りないなどの面等違いな批判をする人もほとんど見られなくなってきており、じっくりと落ち着いた気持ちで治療に向き合えるような環境面も整ってきていると考えられます。医師の指示を守って確実に服薬を続けることと、無理をせずにできるだけ休養を意識的にとることがうつ病の寛解への近道です。医師から診断をされたということは、うつ病であることが証明されたということですから、その病気にしっかりと向き合うという気持ちにもなるというメリットもあります。現在は、うつ病の治療に用いられる薬がたいへん有効で副作用も少ないものが開発されています。服用回数や用量を守ることで、日常生活を楽に送ることができるようになります。そして少しずつ気持ちが上向きになっていき、心の不調が徐々に回復していくことが見込まれます。