うつ病の診断を受けた時

相談

心療内科などを受診して、医師からうつ病と診断された場合には、治療のために服薬をしていくことになります。医師の指示を守り、きちんと服薬を続けていくことで回復が見込めます。

うつ病診断の実情

医者

うつ病は精神疾患の中ではオーソドックスな病気でその患者数の絶対数は多く、精神科医は来院する患者にかなりの割合でこの診断名を使います。うつ病はあらゆる身体症状になって現れます。精神症状も多く、多彩な症状を元にして専門医は診断をします。

うつ病の受診は専門医へ

男性

うつ病の治療は経験豊富な精神科医に

うつ病は、ある日突然に身体が重く気分が苦しくなったことで発症を自覚するというケースもありますが、少しずつ気づかないうちに悪化していくというケースもあります。前者の場合には症状がはっきりとしているために患者さん本人も異変を感じて病院での診断を受けることができますが、後者の場合には患者さんだけでなく周囲の人にも異変がわかりにくいために、診断を受けるタイミングが遅れる場合もあります。治療に関してはなるべく早くスタートしたほうが良いのはもちろんですので、現在うつ病の自覚を持っていない人であっても、もしもの場合に備えて身近にある心療内科や精神科を探しておくと良いでしょう。以前のように心の病気でクリニックに通院することに対する偏見はかなり少なくなってきていますので、安心して通うことができます。病院の診療科目も精神科という名称だけでなく心療内科という名称が増えていますので抵抗感も薄いといえます。まずは医師の診断によってじっくりとうつ病に向き合う準備をすることが大切です。クリニックを選ぶ場合には、まず自宅から近いということが大事なポイントです。定期的に通院してその都度の状況を医師が診断しますので、通うのが困難な距離にあるクリニックは足を運ぶことが億劫となってしまい長続きしない可能性があります。インターネットの口コミも大きな情報源となります。そのクリニックの医師が患者に対してどのように接しているか、院内の雰囲気はどうなのかということもあらかじめ知っておくと安心でしょう。もちろん、極端に低い評価ばかりが並んでいるというケース以外であれば、大きな問題はありません。ある患者さんにとっては相性が良い医師でも別の患者さんとの相性が合わないということも珍しくありませんので、もしも自分と合わないかもしれないと思った場合には別のクリニックに通うことも検討してみましょう。心療内科や精神科の医師とは、じっくりと話をして相談ができる雰囲気であるかということもうつ病の回復に大きく関わってきます。経験が豊富な医師には余裕や頼りがいを感じられるものです。ご自身に合った良い医師とクリニックを探し、治療に専念したいものです。

うつ病に慣れている医師は

聴診器

腕の良い精神科医にうつ病を診断してもらうには公的な資格を所持しているかどうか確認したり、保健師や精神保健福祉士などの資格を取得している人に精神科医師を教えてもらったりすると良いです。また、SNSを活用するのもおすすめです。

うつ病と診断された場合

カウンセリング

うつ病は誰でもかかる可能性のある心の病気の一つです。全人口のおよそ15%の人が発症すると言われ、決して珍しくない病気です。うつ病と診断を受けた場合も、適切な服薬と休養で回復できますのでじっくり治療に向き合うことが重要です。

うつ病の診断と投薬の開始

看護師

心療内科や精神科において医師からうつ病と診断された場合には、治療を目的として様々な薬が処方されます。確実な回復のために、医師の指示を守り処方された薬の服用を続けましょう。